【市原】JROB会市原支部ろう画展が、郷土芸能作家の発表の場ギャラリー『和更堂』で12月5日から開催。元鉄道マンが蝋で描く故郷の鉄道史他

JR内房線五井駅東口・更級通り沿い(スポーツデポさんの近く)にあるギャラリー和更堂。

ここで、第6回JROB会市原支部 ろう画展が12月5日から開催されます。

毎年この時期に開催されていて、昨年、鑑賞しました。

昔の駅舎など地域の歴史が伝わり興味深かったです。

今年の情報(案内はがき)です。

目次

【JROB会市原支部ろう画展】イベント基本情報 日時 場所 連絡先など

<開催期間> 2021年12月5日(日)~19日(日) 

<時間> 10時~17時

<会場> ギャラリー和更堂

<所在地> 市原市更科1-9-1

<電話> 0436-98-5251

<定休日> 月・木

<入場料> 無料

【JROB会市原支部ろう画展】作品に使われている画法の、ろう画とは?

ろう画は、第二次世界大戦中、絵の具が不足した時期に、ルーマニア出身の画家が考案した『ローソクデッサン』がルーツと言われているそうです。

技法は、まず、蝋を厚紙に擦りつけて、上からクレパスを塗り、鉄筆で蝋を線状に削り取ります。

次に全体に墨を塗り、墨が乾いたら周りの蝋を削り取ります。

鉄筆で削った部分の墨だけが残り、線描が描かれるというものです。

【JROB会市原支部ろう画展】和更堂オーナーが、作品集も制作

今年も、有志7名の方たちの力作が15~20点ほどの予定で揃うそうです。

場所を提供している和更堂オーナーの相川さんは、「皆さん、とてもいい活動をなさっている。展示会だけではもったいなくて、何か形に残したくて・・・」と、作品集も作りました。

ギャラリー和更堂は、郷土芸能作家の作品発表の場

和更堂の名前は「更級通りに面した和みある皆の寄る処」から、“和・更・堂”としたそうです。

「多くの方が寄ってくれています」と相川さん。

地域に根付いた趣ある佇まいのギャラリーです。

ろう画展も、これから開催されるであろう郷土芸能作家たちの展示会の数々も、楽しみですね!

12月5日からの開催に向けて開催準備中のギャラリー内

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次