そば徳本店!市原にて半世紀程続く、老舗のおそば屋。五井駅からすぐ!

お待たせしました。
「どんどん食べよう、市原の飲食店!」
のお時間がやってまいりました!

新型コロナウィルスの拡散防止の為、市原市も緊急事態宣言中!
それに伴い飲食店様は、お酒の提供はできない、夜の営業も20時までと
本当に大変な中、営業されているかと思います。

そんな飲食店様の力に少しでも慣れればと思い始まった企画!
今回で2回目となりました。

前回のお店はこちら

市原市姉崎の【らぁ麺ひなた】。担々麺(タンタンメン)も芸術だった!

今回お邪魔したのは、そば徳本店!

年季の入った、風情のある店舗!
なんと創業から半世紀程たっているそうです。
移り変わりの早い飲食業界にて50年続けているなんて、凄いの一言です。
ちなみに昔はイトーヨーカ堂姉崎店、市原店にもテナント出店していたのですが、
今はここ1店舗のみ。その名残で本店となっているようです。
では、さっそく中にはいってみましょう。

店内はいくつかのテーブルとお座敷が用意されております。
写真を撮るのを忘れてしまったのですが、しっかりとアクリル板にて、新型コロナ対策がされておりました。
しっかりアルコールの提供禁止の張り紙もしてあります。
そしてメニュー表はこちら!

昔ながらのおそば屋さんのメニュー表!
ざるそばは550円ととてもリーズナブルです。

そして今回チョイスした商品はこちら!

もり蕎麦とかつ丼のセット!
そば屋さんのかつ丼は、非常に出汁が聞いていて旨い!
どこのだれがいったのか、忘れてましたが、
「そばがうまい店は、かつ丼もうまい」
「かつ丼を食べれば、そば屋のレベルが分かる」
そんな言葉を信じて、はじめていくおそば屋さんでは、必ずかつ丼とセットで頼むようにしております。

そして出てきたかつ丼はこちら!

分厚いカツを見事な半熟加減の卵でとじて、玉ねぎの甘みがしっかりと効いたかつ丼でした。
そばつゆがベースとなっているであろうかつ丼のたれもしょっぱ過ぎず、甘すぎず、絶妙なバランスです。
おそば屋さんのかつ丼で半熟卵の物は少なく、非常においしく頂きました。
そして続いてはおそばです。

白っぽい麺で、特徴的です。
まずは汁をつけずに麺を頂きます。
そばの優しい風味を感じ、つるつる入ってくる非常にのど越しのよい、おそばです。

そして、つけ汁をつけて食べてみましょう。
醤油がしっかりと効き、カツオの風味、そしてどことなく甘みを感じさせるつけ汁です。
のど越しの良いお蕎麦と非常にマッチして、どんどん入っていきます。
箸休めのお漬物も優しい味で非常においしく感じます。
そして、あっという間に完食です。

おそばを食べ終わる直後を狙い運ばれてきた蕎麦湯。
そんな心遣いも嬉しいですね。
昔から変わらない街の蕎麦屋さんの雰囲気といい、メニューも定番な物が勢ぞろいで、昭和な感じを味わえます。ごちそうさまでした。

そば徳本店の店舗情報

五井の駅近くにあり、昔から変わらない御蕎麦屋さん。
貸切で宴会などにも利用可能です。
緊急事態宣言が明けたら、是非、一度はいってみてほしいお店でした。

店名そば徳本店
住所〒290-0081 千葉県市原市五井中央西2丁目21−2
アクセス 五井駅から397m
営業時間 11:00~14:30 17:00~19:30(日曜、月曜、木曜は昼のみ営業)
定休日 火曜日
駐車場 あり(道路挟んだ向かいに有 数台)

関連記事

  1. 【市原市役所】に託児スペースに行ってきました。

  2. 【市原市】惠食堂。スリランカカレーのお店だけど、いちはらチャーハンも上手い!

  3. スケボー初心者スクールあり!千葉県市原市「総合公園スケートパーク」初めてガイド