《 いちはらアート×ミックス2021+ 》開催中

【市原市】アーティフィシャルフラワーの魅力を「アトリエフロラ(atelier Flora)」さんにインタビューしました!

こんにちは、2号です。
今回はatelier Flora(アトリエ フロラ)の進藤さんに、アーティフィシャルフラワーの魅力などを伺いました!

アーティフィシャルフラワーはポリエステルやポリエチレン、ウレタンといった素材を使用して、生花を再現しつつ芸術的な美しさを取り入れて作られたお花です。
「atelier Flora」公式HPより

この美しく飾られた花々も、生花ではなくアーティフィシャルフラワーを使用しています。
“アーティフィシャルフラワー”とう名前自体は馴染みがなくても、飲食店や宿泊施設などでアレンジメントされた作品を色んなところで見かけたことがある方も多いんじゃないでしょうか?

アトリエ フロラさんでは様々なハイクオリティなアーティフィシャルフラワーが作られています。
お店を華やかにしたい、自宅でできる新しい趣味を探しているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
[toc]

2021年8月インタビューの記事(情報)となります。




目次

アトリエフロラ(atelier Flora)について

机の上に飾れるような小さなものから店頭を彩る大きなサイズまで、お店や催し物のレンタルを中心に、多くのアーティフィシャルフラワーのアレンジメントを作成されています。

フラワードールや着物ドールなど、コンパクトながら華やかでインパクトがあるものも。
美しい作品の数々に見惚れてしまいます。

店名 atelier Flora
住所 〒290-0051
千葉県市原市五井5893-1-211
電話番号 0436-24-3651
営業時間 予約受付対応
ホームページ https://ims-plumbing.com/flora
Instagram https://www.instagram.com/atelier_flora_teruko/

アトリエ フロラさんは有限会社アイ・エム・エスの事業の一部としての位置づけだそうです。配管工事業を主にされている会社で、今後もその方針で行くのではないか、とのことでした。
というのも、進藤さんのアーティフィシャルフラワーのアレンジメントは、それぞれが独創性豊かでオーダーメイドの世界に一つしかない作品ばかり。そのオリジナリティあふれるセンスを他の方に教えようとすると、やはり一朝一夕ではいかないそうなんです。

なお、アトリエ フロラさんではレッスン等を受けられているそうです。アーティフィシャルフラワーを楽しむ第一歩として、受講してみるのも良いかもしれないですね。
※都合によっては、お断りする可能性があります。ご了承ください。

アーティフィシャルフラワーの魅力

アトリエにある綺麗なアーティフィシャルフラワーの数々に、思わずインタビューを忘れて魅了されてしまいそうになりました。

本日はよろしくお願いいたします!綺麗なお花がたくさんありますね。
【進藤さん(以後、お名前省略)】
ありがとうございます。年々アトリエがお花で埋め尽くされていっていますね(笑)
生花と違って枯れないですもんね。
あらためて、アーティフィシャルフラワーとは何なのか?造花との違いはあるのかについて教えてほしいです。
”質の高い造花”と説明することが多いです。ただ単に造花って言うと、パチンコ屋さんにあるような花をイメージする方もいるんですよね。
そういうものと比べると、ちょっとワンランク上の高価なものを使っているから、差別化で「アーティフィシャルフラワー」と業界などで言われているんじゃないでしょうか。
確かに、こうして近くにあってもパット見は造花って全然分からないです。
ピンキリではあるし、モノによるんですけどね。
かえって生花の、例えば紫陽花は最近ピンクなんかのとても鮮やかな色が多いから、逆にこれ造花!?って一瞬思ったりしたりして(笑)
それくらい、アーティフィシャルフラワーはクオリティが高いものが多いですね。

ちなみに、ドライフラワーとブリザーブドフラワーはまったくの別物ですよね?
ドライフラワーは枯らしているお花ですね。でもただ枯れたお花がドライフラワーになるってわけじゃなくて、完璧に枯れる前に逆さに吊るして置いておく必要があります。プリザーブドフラワーは、生花を特殊な液につけて作るものです。
全然違いますね。
1番の違いは、ドライフラワーもプリザーブドフラワーも元が生花なので繊細な事ですよね。
ドライフラワーは特にそうなんですけど、触っただけでポロポロと崩れていっちゃうんですよ。長持ちするとは言っても、美しさを保つのは結構難しいんです。プリザーブドフラワーの方は、密閉されて空気が入らないように販売されているタイプはかなり長持ちするんですが、ドームの上の部分が開いていたりと空気にさらされているタイプは色があせやすいですね。
それらと比べると、やっぱりアーティフィシャルフラワーは丈夫ですよね。ただしアーティフィシャルフラワー含め、どれも直射日光にあたってしまうと劣化しやすくなってしまうので、注意が必要です。
長く楽しめるのは、アーティフィシャルフラワーの大きな魅力ですね!
他にも生花と違う点はあるんでしょうか?
衛生的なところですね。虫やカビの心配がないので、場所を選ばずにどんな所でも飾ることが出来るのが、1番の利点だと思っています。
なるほど、飲食店などでも気兼ねなくお花で華やかにすることが出来るのは良いですね。
あとは、ある程度自分の思うように形成が出来ることですね。中にワイヤーが入っているので、デザインを優先して茎の部分をぐにゃっと曲げることも簡単です。生花はワイヤーを茎の後ろにはわして曲げることも出来るんですが、やっぱり気を付けないとポキッと折れちゃうんです。
自由にイメージ通りにアレンジメント出来るというのは、作り手として大きな魅力だと思っています。

ちなみに、アーティフィシャルフラワーは問屋さんに買いに行っています。その問屋さんではドライフラワーもプリザーブドフラワーもいっぱいコーナーがありますね。
アーティフィシャルフラワーの購入方法は生花のお花屋さんと一緒なんです。薔薇を何本とか百合を何本とか、自分でお花を選んでいきます。通年取り扱っているお花と、その月ごとのお花があって、そこで仕入れたお花をアレンジメントしていきます。
なるほど、アレンジメントになるまでの流れは生花と変わらないんですね。
アレンジメント前に、アーティフィシャルフラワーならではのことも出来ますよ。この花はデニム生地で出来ているんですが、そこに新しく何枚か英字が印刷された花びらを追加して、オリジナリティを足しています。

デニム生地のお花に英字の花びらを追加したもの

すごい!お洒落ですね!!

アーティフィシャルフラワーデザイナーとして

アーティフィシャルフラワーデザイナーになるまで

進藤さんがアーティフィシャルフラワーを好きになったキッカケは何ですか?
元々、お花がすごい好きだったんです。
結婚後は子育てをしながら、結構しっかりとした観葉植物を育てていました。でも子供がだんだんと動けるようになってくると、植物をいじっちゃったり、鉢植えを倒しちゃったりするんですね。そうなるといくら自分が好きとは言っても、危ないし子育て中は不向きだなと思って辞めちゃったんです。
でもやっぱり好きなお花が身近に欲しいなと思って、造花を買っていました。当時は今と違い、質の高いものは気軽に手に入れられなかったんだけど、それでもより魅力的に飾りたいと思い、だんだんと工夫してみるようになりました。例えば壁に飾るときにも買った状態のままではなく、自分なりに形を変えてみたりしていました。自分の思うように作れる楽しさを感じましたね。アレンジしたものをプレゼントすることもありました。といっても、資材は高価で今のようになかなか手に入るものではなかったですし、子育てしながらだったので、その状態でも楽しめる程度の、主婦のちょっとした趣味でした。
当時は子育てしながらも出来る楽しみの一つだったんですね。
それから何年かして、色々あって大変な日々が続いてたんですよね。
そんな辛くて大変な時も、心を豊かにしたいと思ってアレンジを楽しんでいました。当時は生花には手が出せない状況だったんですが、その時は100均にお世話になりました。ここにあるアーティフィシャルフラワーと比べれば安価な造花なんだけど、一回買ってしまえば枯れずに華やかなままのが良かったです。
造花のアレンジは、趣味でもあり、気持ちの切り替えでもあり、家が華やかになる、仕事と子育てに追われる中の生活の一部だったんです。
大変な時期を乗り越えて、こうしてアーティフィシャルフラワーとしてお仕事されることになったんですね。
アーティフィシャルフラワーのデザインを”仕事”にしようとしたキッカケは、50歳を皮切りに、最後の仕事は好きなことをしたいなと、そしてお花の仕事が良いなと思ったからなんですね。
もともと25歳の時に起業していたんですが、先ほどお話した大変な事があった時から会社は休眠していたんです。50歳を迎えた時に、まだまだ人生長いから、会社を使って最後に何かしたいと考えたんですが、不況で経済状況が良くなかったこともあり、事業としてはやりたいことが分かりませんでした。でもせっかく最後の仕事にするんだからなんだから、好きなことをと考えて、辛かった時期に寄り添ってくれたお花のことを思い出しました。
あの頃の私と同じように、生花は高くて買えないけど花で日々を華やかにしたい方。他にも、花を育てたいけど忙しくてガーデニングが出来ない方やフラワーアレンジメントを飾りたいけど自分では制作が難しい方など、色んな事情がある方がいることを考えました。そういった方たちのために、見ていて素敵だなーと感じてもらえ手間もかからないものを販売出来たらなと思い、アーティフィシャルフラワーをデザインする仕事にしたんですよね。
今に至るまで、色々なドラマがあったんですね……
私も100均で造花を買うことがあるんですが、逆立ちしてもこんな素敵にアレンジ出来る気がしないです。
お花同士が引き立つ組み合わせや色合わせを考えると上手に出来ると思いますよ。
そうなんですね、適当に買って適当に花瓶もどきに指してました……

アーティフィシャルフラワーデザイナーとしての活躍


アーティフィシャルフラワーのアレンジメントをお仕事として始めた頃、進藤さんは最初ネット販売メインの活動を予定していたそうです。

そこでビックサイトのハンドメイドのイベントに参加したのですが、結果は赤字……
もちろん、魅力的な作品ですので「写真を撮らせて欲しい」等のお声がけはありました。ただ、ハンドメイド好きの方が来るイベントなので、進藤さんの作品を参考に”自分でも作ってみたい”という方が多かったそうなんです。
そのようなイベントは参加すればするほど赤字になり、仕事として自分が出るのはココではないんだと思った進藤さんは、オーダーメイドでの対応はしつつも、販売方法をレンタルメインで考えることになりました。

どんなに綺麗な作品でも、お仕事としてだとやっぱり大変さが違いますね。
人に素敵って思ってもらえるものが作りたいなって、人に教わるよりも先に、仕事としてスタートしちゃったんですよ。
だから最初から強気で営業しながらアレンジメントの制作を同時進行でしていました。でも現場に行くと「素敵ですね」とは言ってくれるんだけど、それと一緒に「どこかで学ばれたんですか?」って聞かれちゃうんですね。そうなると独学でやっていたけど、何かしら肩書はあった方が良いのかなと思ったんですね。
そんな中ブライダル系の一流フラワーアーティスト、江口美貴先生がされているお花の教室で、アーティフィシャルコースが出来たんです。以前から生花の教室などで人を育てられていた方なんですが、銀座の教室限定で「アーティフィシャルフラワーのレッスンで資格を出します」っていう情報を見たんですよ。
あっこれだ!と、どうせ行くんだったら、一流の先生のディプロマが欲しいって思ったんですね。そこで1年アーティフィシャルフラワーについて学びました。
ただの肩書で、国家資格なんてものではないんだけど、お花業界の方などは「江口さんのところで学ばれたんですね」って言ってくれますね。
1年もの間ですか!すごいですね……
1年て言っても月一だけど(笑)
その後はレンタルもやり始めて、でも軌道に乗らずどうしようか悩んでいて、何か早道はないか探したんですね。借金をしてまではどうにかしたくないけど、主婦の片手間程度にはしたくなかったんです。
私がアーティフィシャルフラワーのデザインを仕事として始めた頃は、珍しくもでも何でもない仕事になっていたんです。そんな業界に50歳から入った私は、何かないと浮き上がれないなと思って色々調べてみました。そしたら、生花・造花の協会が有るって知ったんですね。ただ自分には合わないシステムで、そこに入ればいろいろ仕事が入りやすいっていう利点はあるけど、ルールがあるから型にはまらなきゃいけない。それはちょっと嫌だなって、協会に入るのは結局やめました。
その後、私のように強みを持てていないプロの方たちを集めて「肩書を作りますよ」っていう先生に出会ったんですね。業界15年のその方の教室に通っている中で、アメリカのメトロポリタン美術館に作品を飾る選抜に選んでもらえたんです。20人くらいの選抜メンバーで、美術館に飾るアーティフィシャルフラワーアレンジメントを作りました。その時にいただいた賞状がこれです。

メトロポリタン美術館に飾った作品に対する賞状

しかも優秀作品賞!そもそも、まず選抜に選ばれることがすごいですね。
国連が出した賞状で、メトロポリタン美術館に飾った作品が優秀作品賞ということでいただきました。私がNYに行ったわけではないんですけどね(笑)
でも、共同で作った作品が美術館に飾られて、更に国連からの賞状をいただけたことは、1つの武器かなと思っています。
その先生が主流で「お花で文化コミュニティ」というものがあって、そこに参加していると色々と仕事を紹介して貰えるんです。イギリスの大使館のイベントにお邪魔するだとかのちょっと華やかな活動だったり、医療従事者に寄付するという形で雑誌でコメントしたりだったり、こういう活動とかもしています。
おおっ、カッコいい活動もされてるんですね!

進藤さんのコメントが載っている雑誌のページ

これらは自分に自信をつける体験でもあったし、普通にコツコツやっていたらここまでジャンプできなかったんじゃないでしょうか。本業にしようとしてから1、2年でここまで出来たわけですから。

市原市内での活動

他に、アトリエ フロラを開いてから変わったことはありますか?

販売するお客様は女性や地元の方が多いお仕事だし、まずは人を知らないといけないと思ったんです。そこでまずは、市原市を知る活動をしようということで、市原商工会議所に入りました。40年以上市原に住んでるんですが、市原市のことを何も知らないなと。
商工会議所で女性起業家の会というものがあって、そこから起業家の方とのご縁が広がって、そこからオーダーをいただけたり、仕事に繋がることもありました。
五井大市に出たりもしましたね。ただ、イベントでの販売は利益がほぼ出ないので、お仕事として考えると、オーダーを受けるのが良いかなと思っています。一般の方でもオーダーメイド販売は受け付けていますよ。
ちなみに売り上げの主軸は、以前からレンタル業がメインですね。

お店へのアーティフィシャルフラワーアレンジメントのレンタルですか?
そうですね。生花のレンタルは市原市でも昔からあったんですけど、そういうサービスをいままで使っていなかった飲食などのお店をターゲットにしています。

いちはらB級グルメの実行委員会もされています

進藤さんは、いちはらB級グルメの実行委員としても活動されています。

アーティフィシャルフラワーって飲食とは関係ないお仕事に感じますが、なんでいちはらB級グルメの実行委員をされているんですか?
よく聞かれるんですが、関連していないようで意外と関連しているんですよね。
やっぱりこのご時世、お店側も大変でお花で店舗を飾るなんて二の次だと思うんです。正直お店側が元気がないと、お花のレンタルをして貰えないですよね。だからといって、無理に営業してもしょうがないですし……
アーティフィシャルフラワーでお店を華やかにするっていうのは、経営が軌道に乗っている状態で、更にお店を良くしようと思ってから考えるものですからね。
確かに!そう言われると納得です。
お店に元気を出してもらうために、実行委員になったんですね。
そうです。なんておこがましいですけど、じゃないといつまでたっても私のしたいことは実現できないなと。
今は自分のターゲット層が今大変だから、支援する側に回っているんです。
実行委員会では主にどんな活動をされているんですか?
参加店に行って食べて、写真や味を自分のSNSで発信するというのを率先しています。実行委員の中では、自分が1番時間の都合が付けやすいから、1番食べに行っていると思いますね。店舗が多いので、お客さんとして全店食べに行けてないです(笑)
ここ数カ月、営業自体していない店舗もありますからね。
あとは店舗によっては「いちはらチャーハンはあんまり注文されていない」っていうところもあるから、そんな店舗のフォローもしていきたいですね。
いちはらB級グルメ実行委員会としては、この活動を長く続けるためにも定期的にイベント等はしていきたいと考えています。いちはらB級グルメとして市原市のお祭りに参加してチャーハンを出してみたり、いちはらチャーハンを食べ比べ出来るイベントをしたり、これ面白いよねっていう意見はいくつか上がっています。
今はスタンプラリーのイベントをやっています。飲食店に行きずらい雰囲気もあるかもしれないですが、テイクアウト出来る店舗が大変なので、ぜひ食べてみてください。

いちはらチャーハンのスタンプラリーは10月末まで
1つ食べると1チャーポイント貰えます。
6チャーポイント貯めると、ポイントカードが参加店で利用できる500円割引券になります!

詳しい説明は公式ホームページにて ≫

ジモはるにて、Instagramフォトコンテスト同時開催中です!
テーマは”いちはらチャーハン”!説明ページは下のバナーをクリック⇓

ジモはるでのいちはらチャーハン関連記事はこちら ≫

最後に

最後に、アーティフィシャルフラワーデザイナーをやっていて良かったことを教えてください。
「想像通りの素敵な作品です!」「プレゼントとして送ったら喜んで貰えました!」とか、感謝の一言を言われた時は滅茶苦茶テンションが上がります。アーティフィシャルフラワーデザイナーってすごく良い仕事だなって思います。
今後もたった1つのものを作っていきたいです。あとはレンタルするアーティフィシャルフラワーで、そのお店の魅力を更に上げるお手伝いをしたいですね。
綺麗なお花に囲まれながらお話出来て、楽しくお話を聞かせていただきました♪
本日はお忙しい中、ありがとうございました!
「atelier Flora」さんのインタビューを見てくださった方へ「ジモはるのインタビューを見た!」とお伝えいただくと、次回利用時に使える割引チケットをお渡しします。 ※1,000円引き、1万円以上の場合は3割引き

あわせて読みたい
【木更津】フラワーアレンジ・プリザーブドフラワーの体験教室が「花雑貨カフェ アトリエ ラルブル」で... 木更津市ほたる野にお店を構える「花雑貨カフェ アトリエ ラルブル」で、11月23日(火)からフラワーアレンジとプリザーブドフラワーの体験教室がスタートしました! 花...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる